本文へ移動
0
3
2
4
3
2

湯澤知章ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

日本語の勉強中です

2023-09-08
先月から、新しい実習生が加わりました。
皆さん仕事の合間を縫って、日本語を勉強しています。
勉強をして、目標達成することで自信がついて自己肯定感も上がり、より前向きに物事に取り組めるようになるといえます。
その姿にまた、初心に戻ろうという気持ちになります。

さて、本日は白露です。
”勉強”ということで、学生時代に学んだ百人一首の中から。
白露に風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ玉ぞ散りける
(白露に風がしきりに吹きつける秋の野は まるで緒でつなぎとめていない玉が散り乱れているようだ)
草の上の露を玉に見立てて、風で散らばる玉の美しさを詠んだ歌です。
日本語の美しさもまた、素晴らしき文化のひとつなのでしょう。
どうかよい週末を。


みちのくの旅へ

2023-08-30
宮城県仙台市にある、定義如来 西方寺に参拝してきました。
平家ゆかりの末裔から現代に至るまでの約800年もの間、歴史を紡いできた由緒あるお寺です。
今回の目的は、弊社のホームページでYouTubeの動画を公開するにあたり、採用させて頂いたBGMでの話。
こちらで作曲された方というご縁で、ご挨拶を兼ねて訪れた次第です。
大本堂にはステンドグラスでできた八角形の大天蓋が飾られてました。細やかな細工に目を奪われたのを思い起こします。
五重塔の中には茶室もあって、本格的な抹茶を堪能できました。
いつもと違った雰囲気に心和みました。
明日は8月最終日。月は満月を迎えます。
いつの時代にも、月を愛でるのは変わらないものと感じるこの頃です。
明日も皆さんにとってよい日でありますように。

秩父観音巡り(最終日)

2023-08-28
とうとう最終日となりました。
今回訪れた金昌寺には、写真のように山門に大きなわらじがあるのが特徴です。
一見の価値があると言えます。
帰り際は通り雨となりました。
それもまた夏ならでは、というところでしょうか。
秩父観音は何度も訪れていますが、どれもその時によって見せる情景が異なります。
喧噪から離れ、素朴で温かい気持ちになりました。
いよいよ8月もあとわずかです。
皆様にとって良い日々となりますように。

秩父観音巡り(2日目)

2023-08-26
秩父観音巡り2日目。
季節が変わると、自然の景色もまた色々なものが見られて楽しめます。
今回は蓮の花を見ることができました。
一緒に行った実習生にはベトナム人もいましたが、蓮はベトナムの国花として国民投票でも選ばれたくらい人気度が高いそうです。
花言葉は、”清らかな心”。
蓮の花の生態的特徴から特に言われるのが、泥に染まることなく美しい花を咲かせるということ。
環境に左右されず美しく咲く蓮は、逆境を乗り越える忍耐や精神を表しているとのことです。
その意味を知り、滝の風景と共に心が洗われる思いがしました。
最終日はどんな旅となるでしょうか。

秩父観音巡り(1日目)

2023-08-24
処暑を迎え、暑いながらも少しずつですが秋の気配が近づいてきました。
皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
私は夏季休暇中は秩父観音巡りを3日に分けて行ってきました。
雲海が見えたところもあり、雄大な景色に心動かされるものがありました。
昼食の蕎麦も、七味唐辛子が一面に!
珍しいもので、辛さとともに舌鼓を打ちました。
次はどんな景色に出会えるか楽しみです。
TOPへ戻る